みやこたなごのブログ(旧・滑川町~子どもを放射能から守る会~)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪、新潟のように

放射性物質の検査結果をみるときに「基準値以下ですよ」と言われても、安心して子どもに食べさせることなどできません。

日本は今異常に高い基準値が設定されているからです。

世界も驚く日本の基準値2000ベクレル

分析器の検出限界値をできるかぎり下げて、きちんと数値で「**ベクレル」と表示をしてほしい。

たとえば、

大阪市の測定結果

たとえば

新潟県の測定結果

他県産のものまで測って、出たものに関しては数値で公開しています。

「限界値を低く設定して測る」「ベクレル数値の公開」

は大原則としていただきたいです。

私たちは事実を知り、自分で判断したいのです。

いよいよ埼玉も空から測定

いよいよ埼玉県もやりますね。

文部科学省による埼玉県における航空機モニタリングについて

地表面への放射性物質の沈着程度が空からわかってしまうという。

結果は1週間くらいで出るとのこと。

それにしても、すごい機械です。

純水のテスト

スーパーで、容器有料、中身無料の「純水」(RO 逆浸透膜浄水器)システムを見かけます。
私の家でも、放射性物質も取り除けると聞いて以来、授乳中の娘用にこのシステムを利用しています。

でも、物言わぬ水に「本当かなあ?」と若干の疑いを持っておりました。

先日、水の純度を測定するTDSメーター※という測定機器をお借りすることができたので、早速測ってみました。

まずは水道水。

水道水

94PPM。

Aスーパーの純水

純水

2PPM。
ほとんど不純物なし!Bスーパーの純水も同じ値でした。

ほ~嘘じゃなかった。疑ってごめんなさい。

※TDSメーターとは?
TDSメーター計は、水のきれいさを測定するものです。
純水に近いきれいな水は電気を通しにくく、不純物を多く含んだ汚い水は電気を通しやすい原理を利用して、2本の電極により電気伝導度を測定し、この伝道度に0.66を掛けた値を便宜的に濃度(PPM)に換算しています。

測定される物質は、主に水中に溶けている無機イオン(カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、鉄、マンガン、塩素、SO4,CO3,HCO3等)です。
放射性物質は重金属ですから鉄と同じく電気を通しますのでTDSで計測できるわけです。



測定値 2011.8.25

2011.8.25 AM8:15   小雨

滑川町月の輪 

外 地上1メートル付近  0.069~0.080 μSv/h
室内              0.043~0.050 μSv/h


空間線量測定値の見方

このブログで公表している測定値は、シンチレーション式 HORIBA Radi と クリアパルス社 Mr.Gamma という機種で測ったものです。

測定値については、「絶対値」ではありませんので、ご承知おきください。

空間線量の測定は、機種により数値が大きく違ってきます。
同機種であっても、誤差はあります。
同一機器で測っての 数値比較でないと、意味はありません。

両機種は、並べて計測したときに 桁外れな違いはありませんでした。
比較的安定した計測ができます。
(ただし、地表温度があまりに暑い場合には、誤差が発生しました。)

時々公表している定点測定地 月の輪は、前者で測定した値です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。