みやこたなごのブログ(旧・滑川町~子どもを放射能から守る会~)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食品測定機は必需品!

ついに粉ミルクから出てしまいました。
細胞分裂がさかんな赤ちゃんに 30Bq/Kgもの放射性物質を飲ませていたお母さんの心情を思うと言葉もありません。

私たちはしつこく言い続けます。町に食品用測定機が欲しいのです。

学校給食の食材を優先し、空いている時には、家庭菜園で採れたもの、地元の米や野菜や果物など、町民が自由に測れるようにしていただきたいのです。
私たちは実態を知り、考える基を手に入れたいのです。

チェルノブイリでも、内部被ばくの80~90パーセントは食物からと言われています。
今後少なくても十年以上経過をみていく必要があります。
1000万単位のゲルマニウム半導体のものがほしいと言っているわけではありません。

100万~350万円くらいのものでも、精度が1ケタの、まあまあのものが買えそうです。
町の子どもの今後十年以上の延べ人数、機械の使用年月で割ってみてください。
人件費や維持費を考慮したとしても、子どもの命の価値から考えたら、高いでしょうか?
お金や手間を惜しんで子どもたちを犠牲にするようなことはしたくありません。
(それに、そもそもそれは東電に請求すべきもの)

真の安心は、事実を知ることができる環境から始まります。

子育て支援第一の吉田町長は日頃から「放射能は匂いも色もないが、唯一測れる」とおっしゃっています。
今期の議会でも「予算は大事だが、子どもたちのことはお金だけのことで考えてはいけない」という趣旨の発言をされていました。

空間測定機は早々に導入され、貸し出しされています。
その町長のもと、食品測定機導入が実現されないとしたら、邪魔しているものは何なのでしょうか?

・・・それにしても、明治乳業の下記の文章はお詫びしているようには読めない。
「ちょっと出たからって騒いでいる人がいるけど、そんなに心配なら換えてあげる」と読めます。
一体何についてお詫びしているのでしょうかね?

-------------------------------

「明治ステップ(850g缶)」のお取り替えに関するお詫びとお知らせ
2011/12/06.
平素は当社製品をご愛用賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび、当社製品「明治ステップ(850g缶)」の一部の製品から、わずかながら放射性物質が検出されました。同物質の値は、食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定規制値(牛乳・乳製品で放射性セシウム134及び137の合計値200Bq/kg)以下で、22から31Bq/kgであり、毎日飲用されましても健康への影響はないレベルとされております。

しかしながら、当社としては、調製粉乳(粉ミルク)は乳児にとって極めて重要な栄養源であることから、乳児を持つお客様に安心してご愛用いただくことを最優先し、すでに対象製品をご購入のお客様で、お取り替えをご希望のお客様におかれましては、新たな製品と取り替えさせていただきます。
また、「明治ほほえみ」、「明治ステップ」については、今後すべての製造日の製品で放射性物質の検査を行い、その結果を順次当社ホームページで掲載してまいります。

このたびは、お客様およびお取引先様をはじめ、関係者の皆様にご心配、ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます。

今回、検出された製品は、賞味期限が2012年10月4日、10月21日、10月22日、 10月24日の上記4製造日分ですが、万全を期すために、賞味期限が、2012年10月の下記の製品をお取替えの対象とさせていただきます。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。