みやこたなごのブログ(旧・滑川町~子どもを放射能から守る会~)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本列島の海と陸の汚染図

東京新聞より二つの図を転載します。
最初は海、そして次は名大の教授らが作成した陸の汚染図(シュミレーション)。

陸の図は文科省航空モニタリングとは印象が違いますね。
なぜか?

文科省の図は、10000Bq以下は同色にしてあるから。
この図は、細かく色分けしているのですね。

それにしても海洋汚染のすごさといったら。
大気中の放出された放射性物質は約10日で地球を一周し、半分は海に落ちたと推定されるそうです。

これから大型の魚に汚染が出ます。
一にも二にも測定!
子どもを守るために、声を挙げて行きましょう。


【社会】
放射性物質、海に半分以上 約10日で地球一周、気象研
2011年11月16日 20時51分
 東京新聞海洋汚染図
3月20日、福島第1原発から出た放射性物質が太平洋を横断し拡散するシミュレーション図(気象研究所の田中泰宙・主任研究官提供)


 東京電力福島第1原発事故で大気中に放出された放射性物質は太平洋を横断して約10日でほぼ地球を一周し、その結果として半分以上が海洋に落下したとするシミュレーション結果を、気象庁気象研究所(茨城県つくば市)などの研究チームが16日までにまとめた。

 放射性物質のうち、特に放射性セシウムは4月までに70~80%が海に落ち、陸地に降ったセシウムは3割程度と推定されるという。

 チームの田中泰宙・気象研主任研究官は「福島原発は日本の東の端にあり、3~4月は偏西風で運ばれるため陸地に落ちる量は少なめで済んだ。しかし海洋はその分、汚染されたはずだ」としている。

(共同)

セシウム拡散



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。