みやこたなごのブログ(旧・滑川町~子どもを放射能から守る会~)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日(19日)は雨。風向きがこちらに。

昨日の朝、スイスのMeteomedia社 粒子拡散予測サイト※を見ていた娘が、「(原発から)風がこちらのほうに向いているよ」。
このサイトはあくまで放射性物質が放出された場合の予測ですが、現在の第一原発の状況が誰にもわからない中、参考までにときどきのぞいています。

9時くらいから雨が降ってきました。

「雨に濡れないようにね」小さい子がいる知人にメールしました。

線量計を持っているメンバーが測ってくれました。

「外空間は 0.087~0.102 部屋の窓際も外と変わらず、さらに午後1時半には外 0.08~0.112 でちょっといやな汗が出ました。午後6時半くらいは窓際も 0.062~0.075に下がりました。」

とメールをもらいました。

今日になり、埼玉県のホームページをチェックしましたら、やはり雨が降り始めた9時ごろから線量が上がっています。

町を歩いていると、もう原発事故は終わってしまったかのような錯覚に陥ることがあります。
しかし、まだまだ収束はしておらず、気が抜けません。
数値がものを言っています。

時々チェックをしてみてください。

※スイスMeteomedia社HP
http://www.meteocentrale.ch/en/weather/weather-extra/weather-in-japan.html

※埼玉県測定値
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/housyasenryou.html



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。