みやこたなごのブログ(旧・滑川町~子どもを放射能から守る会~)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滑川の農産物測定値

埼玉県が行なった滑川の農産物の測定値

http://yasaikensa.cloudapp.net/city.aspx?city=%E6%BB%91%E5%B7%9D%E7%94%BA&pref=%E5%9F%BC%E7%8E%89%E7%9C%8C


これによると、

スイートコーン   検出されず
小麦        ヨウ素131 検出されず
          セシウム134 9.9 Bq/Kg
          セシウム137 9.9 Bq/Kg

気をつけている親たちは、自衛手段として西日本から野菜を宅配で取り寄せています。
しかし、今後肥料や瓦礫を通じて全国に汚染が散らばる可能性があります。

国の定めた基準値は高すぎます。

チェルノブイリ原発事故で汚染された地域を抱える ベラルーシでは、セシウム137 の基準値は子どもで
37Bq/㎏

日本は
500 Bq/Kg

これは大人も子どもも同じ値。

できるかぎり子どもたちの口に入るものは測っていただいて、「基準値以下」という表示ではなく、出たデータそのままの数値を出してほしいです。

福島・千葉・茨城の野菜でも、計測したら「0」の場合もあるようです。

土壌というものの性質、植物ごとの性質、土壌から植物への移行システム・・・わかっていることもあれば、まだまだわからないことも多いようです。

一ついえるのは、それぞれ地場の野菜を食べられたらそれにこしたことはない、ということです。

そのためにも測ること。
それが本当の意味での「風評被害」をなくす手立てになると考えます。




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。