みやこたなごのブログ(旧・滑川町~子どもを放射能から守る会~)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月輪周辺 個人住宅

レポートはKさん。

月輪 K宅(一戸建て)放射線量

2階
寝室→0.042~0.0451階
窓際→0.064~0.063リビング→0.056~0.053
玄関→0.05


雨樋庭側→0.282~0.3
雨樋通路側→0.465
雨樋駐車場側→0.068
通路砂利道→0.06
庭中央→0.07
自宅の前道路→0.082
自宅近所の空き地→0.078


○室内は全てフローリング
○庭は雑草取りを原発事故後数回除草
○駐車場は外水道で水を流しながら掃いたことあり
○雨樋は垂れ流しタイプ

今回、分かったのは、放射能は測らないと分からない。多そうでも低かったり、思ったよりも高かったりした。

今後の課題
ごくごく一般家庭で、今回のような結果になるお宅は多くあるのではないか?
この後、同機種で知りあいのお宅を測った友人から
「雨樋下の数値が  1.077※ もあった!」と連絡がありました。

普通の一戸建ての中にあるホットスポットはどうすればいいのか?
除染方法や、除染した放射能が含まれる除染物の処理方法などが今後の課題


※これは私たちが同機種(Horiba Radi PA-1000)で測った最高値でした。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。