みやこたなごのブログ(旧・滑川町~子どもを放射能から守る会~)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校給食にNO!放射能! その2

メンバーのKさん(いつも赤ちゃんを背負っている)は、「滑川町の給食を考える会」のメンバーでもあります。
彼女のところに「全国学校給食を考える会」の五十嵐興子代表からきたメールを(ご本人の了解を得たので)転載いたします。

-------------------------------
放射線の拡散による食品汚染の問題には全く頭を悩ましています。
現状では汚染が広がっていて、避ける手立てが見つかりません。
西日本や北海道の食材が安全かと言えば必ずしもそうとも言えません。
放射線被曝だけを問題視して輸入食品に切り替えることはさらなる問題を抱えることになります。

「放射線内部被曝から子どもを守る」ことを行政と市民が一緒にやりぬけるか否かが、まず重要と考えています。
行政職員や教職員・学校給食関係者に放射線被ばくの問題を学習していただかないと、問題を共有できません。共有するには、立場の違いを越えた学習会ができたらいいですね。

子どもを守ることを共有しましょうと呼びかけ続けてください。どちらか一方だけでは、とてもたちうちできる問題ではないことを、行政に分かってほしいし、行政任せでは子どもの安全は守られません。
「一緒に協力し合って対処しましょう」と行政にも市民にも呼びかけましょう。

子どもを守るための一時的な避難としてお弁当持参も、行政に考えさせるきっかけになるとは思っています。なぜ今、弁当持参かを子どもに知らせることや、現状に問題を感じていない人たちに考えてもらうきっかけにすることを常に頭に置きながら。

学校給食の全ての食材の放射線量を測定し、公開と、可能な限り線量の少ないものを給食で使うことに努力することが、いまできることです。今は地産地消にこだわっていられません。
市民の側からも、「ここの食材を使って」と提案できるようにしましょう。

それにしても測定器不足が、対処を遅れさせています。
福島県の白河市では学校給食用の測定器を設置することになりました。
全国学校給食を考える会は、給食ニュース編集責任者の牧下さんからの提案を受けて、いくつかの団体と共同で、測定器を購入することを検討しています。
給食の食材の検査を有料でして頂ける体制作りに取り組みます。
これらの取り組みが行政の遅れを取り戻すきっかけになることも願っているところです。

今はこんなところですが、またご連絡ください。

全国学校給食を考える会  代表 五十嵐 興子

-------------------------------

学校給食への課題は全国的に山積み。
五十嵐代表のご意見に同感です。

私たちも、国がまったくあてにならない状況下、日々成長する子どもたちの口に入るものへの安全性確保は、市町村単位での取り組みをしていくしかないと考えています。

力を合わせましょう!




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。