みやこたなごのブログ(旧・滑川町~子どもを放射能から守る会~)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと待った!全国への瓦礫拡散

被災地の瓦礫を広く全国各地で受け入れて復興応援しましょう、という動きがあります。
埼玉県の上田知事も積極的に受け入れようという意見。

しかし、安全性が確保されない状況下、瓦礫受け入れに納得・賛成するわけにはいきません。

埼玉も汚染地。小川の焼却灰からも高い値の放射性物質が検出されています。
だからこそこれ以上の汚染をさせてはいけません。
処分場のある寄居町の方たちから悲痛な叫びが聞こえてきます。
滑川も他人ごとではありません。

まして汚染地域ではない西日本は受け入れるべきではないと考えます。

瓦礫受け入れ側の安全性の確保はどうしたら得られるのか?
被災地の子ども達のことはどう考えればよいのか?

ここのところいろいろな方の意見を聞き、情報を自分なりに集めています。

処理施設についているバグフィルターなるものは気化したセシウムにはまったく使えないとの専門家もいます。
一方で、被災地での高性能焼却施設建設の動きもあるそうです。
寄居町のある民間業者は、なんでもかんでも小石状にしてアスファルトの下に敷いてしまうので怖いと、ある市の市議さんから聞きました。

しかし、調べても調べても情報は断片しかわからない。
ジャーナリストもこの件に関しては積極的意見が少ないように感じます。

測定して安全なものだけ持ってくるといっても、「安全」とは何をさすのか?
「測定」とは、どういう方法なのか?

中立な専門家による調査で、確実なデータを示してほしい。
そもそも瓦礫処分自体、方法は拡散しかないのか?
議論しつくされていない感があります。
それらをするまで瓦礫移動反対です。

一度拡散してしまった放射性物質は、二度と元には戻らないことは周知のこと。
一度はじめたら、行政仕事は途中で「待った」がきかないのも(この原発行政で)周知のこと。

瓦礫拡散反対は被災地復興を妨げるとか、被災地の子どものことはどうでもいいのか、など、瓦礫受け入れ反対論に対するバッシングがあるようですが、それはとんでもないすり替えです。

被害者同士が反目しあう問題にしては思うツボ。

国難に国民が一致団結して向かえなどという戦時中のような精神論はいただけません。
もっと知的に、合理的に思考する必要があると思います。




















スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私もくわしく知らないのですが、どうも放射能汚染だけでもないようなのです。
工場等で扱っているいろんな物質が瓦礫等にも含まれ、拡散している模様。石巻のがれき置き場になっている学校では、マスクをし、窓をしめているけれど、健康被害が出ているとのこと。ニュースでやっていたので、実際に石巻の方にお聞きしたところ、事実のようでした。
(ちなみに、重油等で川が汚染され、水道水にも影響が。しかし、現地の方々に知らされていない現実。そこの子どもたちは知らずに飲んでいて、健康被害も出ているとか。)

もし放射能汚染されていたら(0じゃないでしょ・・・)拡散してしまうと、内部被ばく等考えても、被災地の子どもたちを、結果危険にさらすことにも繋がると思うのです。食材も、生活用品も、汚染されていくのだから。

全国の子どもたちを守るにはどうすれば良いか。
考えたくても、考えるための材料がないんですよね。
「測定した」「安全」しか言わないんだもの。
直接聞いたら教えてくれるかな。

放射能から子どもを守る☆阿見(ブログ班)-izumi | URL | 2012-01-05 (Thu) 11:15 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。