みやこたなごのブログ(旧・滑川町~子どもを放射能から守る会~)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名称変更します~活動は第二ステップへ

諸事情でブログ更新ができずにいました。

その間、活動の整理見直しをしてまいりました。

私たちは、昨年8月より請願提出にむけて署名集め、行政や議会への働きかけ、学習会やワークショップ、しゃべり場(茶話会)の開催などの活動をしてきました。

福島原発事故から1年たち、行政や個人の調査で、滑川町の汚染状況もだんだんわかってきました。
買い物はどうする?
遊び場はどうする?
調理方法は?

子育てしている人たちは、生活するうえで、子どもに余計な被曝をさせないために具体的に何に注意をすればよいのか模索する中で、だんだん自分なりの生活を作ることができるようになってきました。

しかし、どうしても願いが届かない問題にぶちあたってしまいました。
町の<学校給食>の問題です。

滑川町の学校給食は自立した体制ではありません。
活動を進めていくうちに、そのことがわかってしまいました。

前代未聞の事態に、思いつくこと、できるだけのことをしてきましたが、ここにきて、どうしても突破できない<厚い壁>。

そこを動かすには、急がば回れ、息の長い活動が必要という結論になりました。

私たちの活動は、「滑川町~子どもを放射能から守る会」から
「子どもの未来を考える会 滑川」
へ名称変更し、第二ステップに進むことにしました。

力強い協力者もあらわれ、素敵なホームページができました。
今後はこちらにお知らせや会の活動報告等を載せます。
是非ご覧ください。

子どもの未来を考える会 滑川のホームページ

ローカルネタ満載のツイッターもはじめました。
滑川情報ツイッター

会では<子どもみまもり隊サポーター>を募集します。
まずは問題を共有し、解決に向けてより多くの方とともに歩いていきたいと思います。

稚拙ながら発信してきた当ブログは、私「みやこたなご」の個人ブログとして再出発します。

311以降の世界を個人目線で捉えた記事として、ときどき更新していくつもりです。

よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

ホームレメディ (しゃべり場 IN滑川)

今週は比企周辺グループの しゃべり場(お茶会)週間です。
昨日は嵐山。16日(金)は東松山です。
毎回、ホットな地域情報交換や、個人的な思いの分かち合いが行なわれ、貴重な場となっているのを感じます。
個々に心配している子どもの未来を思う気持が一つに集まること。
それがやがて力になります。

少数の人に負担がのしかかるような「運動」ではなく、多くの人たちで学びあい、日常の中で、少しずつまっとうな思いを表現し合うこと。
これが私たちの目指す方向性です。

滑川は15日(木)です。
今回は 「ホームレメディ」ワークショップがあります。

身体の調子を整える 野菜スープや蓮根を使った飲み物など、実際に作って皆さんでいただきましょう。
食材はできるかぎり安全性を確保するため吟味しておりますので、安心していらしてください。

-------------------------------
  ~放射能に負けない身体づくり~
しゃべり場 inなめがわ Part3


花粉症や風邪のシーズンです。症状を和らげたり、身体の調子を整える、自然な飲み物を作ってみませんか?今回はマクロビオティックの手法に基づいた、おうちでできる簡単なお手当法です。


▲日時;3月15日(木)
     ワークショップ  10:00~12:00
     おしゃべりタイム 12:00~14:00
▲場所;滑川町コミュニティセンター 調理室
▲定員;25名
▲参加費用;500円
▲持ち物;エプロン、タオル、筆記用具

※午後のおしゃべりタイムに参加の方は、ご自分用の簡単な昼食をご持参ください。
 けんちん汁も用意しています。(50円程度のご負担をお願いします)

▲お申込み先; 滑川町・子どもを放射能から守る会
          とどろき 080-2036-2466
          ふくだ  090-6528-0326

-------------------------------

311さよなら原発 小川町のつどい

久しぶりのブログ更新となりました。
議会のことなどアップしたいと思いつつ、あれやこれやおわれてあっという間に時がたってしまいました。

まずは急いでお知らせしたいことから。

3月11日、小川町で「さよなら原発のつどい」という催しがあります。
私たちもブースをいただき、東松山、嵐山、寄居の皆さんと合同で参加することになりました。
(「子ども・未来 比企&大里」チームです。)
鎮魂の思いを込めて、福島原発収束の願いを込めて、子ども達の明るい未来への願いを込めて・・・。

「子ども未来通信(新聞)」の紹介のほか、手作り塩麹スコーンやコーヒー、原発関連の本などをご用意してお待ちしています。
ただいまとっても可愛らしい「子ども・未来」のオリジナル幟旗(タベストリー)を製作中。メンバーのYさんデザインです。幾人かの方達で一針一針思いを込めてパッチワークしてくれています。

お天気回復しますように。


さよなら原発 311小川町のつどい
~未来の子どもたちのために原発のない社会をめざそう~

日時:3月11日(日)午後1時~4時
場所:リリックおがわ前庭・2F会議室(雨天決行)
日程・内容:  1:00〜4:00:ライブ、屋台、有機野菜販売、チェロ演奏、詩の朗読、
        被災地の映像、福島から小川町へのメッセージ、
       「3.11のつどいアピール」など  
            2:46: 大震災犠牲者追悼のための祈りの時(黙祷)
            3:30~: 願いを込めて、風船パレード

311さよなら原発小川町のつどい

子ども未来新聞4号発行

身近な情報や放射能の基礎知識など満載です。
好評をいただいております「子ども未来新聞」4号が発行されました。

子ども未来新聞4号表紙


<この新聞が置いてある場所>

【嵐山町】みんなの診療所・町立図書館・ふれあい交流センター・北部交流センター・儘屋・役場
【東松山市】シャローム鋤柄医院・ほしこどもおとなクリニック・子育てセンターソーレ・比企文化社・まちカフェ・生活クラブ生協クラブルームオリーブ・パン屋の「ローラン」
【滑川町】市川クリニック・中野整体院・理容室「技巧」・コミュニティスペース「坂のいえ」・鈴木自動車整備工場・カフェぎゃらりー「茶茶」
【ときがわ町】こだま医院・ぽっぽの木
【吉見】東野ふれあいセンター「おもちゃ館ちゅーりっぷ」・パン工房ブロンジェリー「風の杜」・自然食品&フェアトレードグッズ&カフェ「STRAWBERRY FIELDS」
【小川】リフレ
【熊谷市】オーガニックレストラン「カミュ」

<発行団体>

●子どもたちを放射能から守ろう東松山
ブログ「子どもたちを放射能から守ろう東松山」http://mamorumatsuyama.blog.fc2.com/ 
●滑川町~子どもを放射能から守る会~
ブログhttp://namegawakko.blog.fc2.com/
●子どもの未来を考える会嵐山
ブログ http://plaza.rakuten.co.jp/kodomoansinmirai/
●放射能から子どもを守る会@寄居・深谷

<募集>
この新聞は、皆様からの寄付で発行しております。
これからも細く長く続けるため、よろしければ募金をお願いします。
またスポンサー募集です。一口2000円で広告掲載させていただきます。

<問合せ連絡先>
namegawakko●mail.goo.ne.jp
(●を@に変えてください)

「放射能からいのちを守る全国サミット」

放射能から子どもを守る、いのちを守る民間レベルのネットワークは、全国でつながりを強めています!
福島にお知り合いがいる方、このお知らせを届けてください。
-------------------------------
放射能からいのちを守るサミットチラシ

以下、主催者からのメールです。

2月12日(日)は、北海道から沖縄までの50近い団体が一堂に会し、それぞれがブースを出し、大避難相談会を実施します。

 この避難相談会は、きわめて重要な意味をもつと考えています。
 政府の安全キャンペーンのせいと、時間経過の必然性とによって、被曝地からの避難や疎開は、もはやタブー化してきています。高濃度汚染地帯においてさえそうです。あるいは、気にしないようにして、感覚を摩滅させて生きていくしかないような状態に置かれています。

 この2月の相談会で避難や保養や移住の動きがある程度生まれなければ、3.11で一年が過ぎ、そして4月の新年度が始まってしまい、これまで動けなかった人たちは、ますます動けなくなってくるでしょう。つまり、移動の流れをもう一度つくりだすには、この春休み・年度末というのは、ある意味、「ラストチャンス」かもしれないのです。
 危機を好機に。春休みということは、キャンプなどへの参加のチャンスです。年度末ということは、新年度から転校・引っ越しするチャンスです。だから、この2月というタイミングでの避難・保養の相談というのは、3月、4月の動きをつくりだすうえで、決定的に重要です。この機会を逃したくはありません。

 一人でも多くの、不安をかかえている人びとに情報が伝わり、相談会の会場に足を運んでもらうことができるようにと願っています。

-------------------------------

「放射能からいのちを守る全国サミット」(2月11・12日)がいよいよ
迫ってきました。(詳細はこちら:http://inochizenkoku.blogspot.com/)


【40を超える支援団体が結集!】

 その二日目12日の11~15時は、避難・疎開・保養についての大相談会
となります(会場は福島市のウィズもとまち&チェンバおおまち)。
 避難・疎開・保養と言っても、週末保養や春休みキャンプから、移住や
子どもだけの疎開まで、さまざまなカタチの情報提供や受け入れ相談があ
ります。

 北海道から沖縄まで全国から40を超える支援団体が一堂に会して相談
ブースを出すのは、初めてのことではないでしょうか。
 きっと繋がれる避難先や保養先が見つかります。
(参加団体の一覧はメールの末尾につけます。今後は以下で最新情報を更
新していきます。http://inochizenkoku.blogspot.com/p/blog-page_07.html)

 ぜひ、ぜひ、いらしてください!
 いくつものブースをハシゴしてのぞいてみてください!


【いろんなワークショップと交流スペース】

 さらに、法律相談、健康相談、気功、野菜配布、キルト展、切り紙ワー
クショップなど、いろーんなブースが出されます。

 加えて!、「交流スペース」として、自由におしゃべるのできるカフェ
もあります。まだ具体的な避難や保養の相談の前に、漠然とした不安とか、
近所や職場で危機感を共有できない不満とか、あるいはこういう支援があ
ったらいいなという要望とか、とつとつと吐き出したり、あるいはこんな
こと知りたい、あんな情報ないだろうか、同じような立場の人はいないだ
ろうか、などなど質問をぶつけたり。それともたんにダラダラお茶したり。
 そんな場所として使ってもらったらと思います。


【延長相談も!】

 もし、15時まででは相談に行くのが難しいという方、いらっしゃいまし
たら、「ウィズもとまち」の3階中会議室で延長相談を受ける予定です。
15時で話が終わらなかった場合も、そちらに移動して続けることができま
すし、求められるかぎり、話す場をつくっていきたいと思っています。
 だいたい17時ぐらいまでは扉を開いて待っています。なんとかこの時間
までなら行けそうということなら、ぜひ足をはこんでみてください。



(放射能からいのちを守る全国サミット、相談会担当:早尾貴紀
 連絡先:p-sabbar@mrg.biglobe.ne.jp)




【相談会ブース参加予定団体】

札幌・むすびば(北海道)
福島の子どもたちを守る会・北海道(北海道)
あさひかわサポネット(北海道)
大沼・駒ケ岳ふるさとづくりセンター(北海道)
みちのく会(北海道)
ふくしまキッズ こども指導者(北海道)
ふくしまキッズ 林間学校(北海道)
母子週末保養プロジェクトちいさなたび(宮城)
日本の森バイオマスネットワーク(宮城)
毎週末山形(山形)
福島の子ども保養プロジェクト(福島)
ふくしま連携復興センター(福島)
ハーメルン・プロジェクト(福島)
ハッピーアイランド新聞&心援隊(福島)
国際自然大学校(栃木)
FoE Japan(東京)
福島の子どもたちとともに・世田谷の会(東京)
福島こども保養プロジェクト@練馬(東京)
アースデー東京(東京)
save the children(東京)
コミュニティネットワーク協会(東京)
福島子ども支援・八王子(東京)
リトリート・ホリデー CTVC(東京)
フェリス女学院大学ボランティアセンター(神奈川)
リフレッシュ!@かながわ(神奈川)
「福島の子どもたちとともに」川崎市民の会(神奈川)
4月3日のひろば 福島~山梨つながるネット(山梨)
世界快ネット(山梨)
フリーキッズビレッジ(長野)
ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ(京都)
大阪でひとやすみ!プロジェクト(大阪)
街づくり支援協会(大阪)
福島の子どもを招きたい!明石プロジェクト(兵庫)
どろんこキャラバン☆タンバ(兵庫)
子ども未来・愛ネットワーク(岡山)
よもぎのアトリエ(広島)
福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト(香川)
四国の子ども疎開ネットワーク徳島(徳島)
「絆」プロジェクト北九州(福岡)
「ちむぐくる」石垣島(沖縄)
日本YWCA被災者支援プロジェクト(全国)


【健康相談】

CRMS市民放射能測定所(福島)
こどもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク(全国)
自然育児友の会(全国)
お産と地域医療を考える会津の会(福島)
ひまわりの種まき隊(全国)


【法律相談】
福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(東京)


【情報ワークショップ】
CATWALK(東京)


【個人ブース】

高橋英一(北海道)
宍戸隆子(福島→北海道)
中手聖一(福島)
小河原律香(福島→北海道→山梨)
早尾貴紀(宮城→大阪・京都→山梨)
森永敦子(福島→長野)
山本明美(福島→京都)


【チラシのみ配布】

秋田・田沢湖疎開支援(秋田)
移動保育プロジェクト(福島)
福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト(東京)
ゆったり里山体験@篠原の里(神奈川)
手をつなぐ3.11信州(長野)
ほっこり通信 from Kyoto(京都)
み・らいず(大阪)
オーガニックキャンプinひょうご(兵庫)
おいでんせぇ岡山(岡山)
被災者支援の会・SARA(沖縄)
hahako(全国)
mamatomama(全国)
子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク(全国)


(以上)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。