みやこたなごのブログ(旧・滑川町~子どもを放射能から守る会~)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ、まにあうのなら

知人が紹介してくれました。

「まだ、まにあうのなら ~私の書いたいちばん長い手紙~」 
      甘蔗珠恵子(かんしゃたえこ)著 地湧社

この冊子は、1987年、ごく普通の主婦だった甘蔗さんが友人に書いた手紙がもとになっています。
「原発」が「原子力発電所」の省略であることも知らなかった彼女が、チェルノブイリ事故後、むさぼるように勉強して自分の知ったことを綴ったものです。

口コミで広がり、出版部数は50万部という異例の数になったそうです。

読み始めたら引き込まれ、止まらなくなり、一気に読んでしまいました。

放射能の問題も、原発の問題も、専門用語をほんとんど使わず、生命を生み出し育てる<母親>という視点から綴られています。それでいて、本質的なことは網羅されている!

冒頭のところを引用します。
-------------------------------
何という悲しい時代を迎えたことでしょう。

今まで自分の子どもに、家族に、ごく少量ずつでも、何年か何十年かのちには必ずその効果が現れてくるという毒を、毎日の三度三度の食事に混ぜて食べさせている母親がいたでしょうか。

そのような恐ろしく、愚かしいことを、今の世の中の母親はほとんど知らずに、知っていてもどうすることもできず、できるだけ毒の少ないものを選んで食べるよりしょうがなく、おいしく楽しかるべき家族のための食卓の用意がとても重苦しく、罪の意識にさいなまれます。

食べものというのは、この生命を維持、生長させるために摂ります。
それなのに、生命を枯渇させる毒入りの食べものを、家族のために料理せねばならないなんて。有害添加物入りプラス放射能入り食品を食べねばならない時代が来ようとは、誰が想像したでしょうか。
-------------------------------
2011年、改定三版が出版されました。

一冊315円です。

三冊手元にあります。
しゃべり場に持って行きますね。

参考までに注文・問合せ先をご紹介しておきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~
地湧社
〒101-0036 東京都千代田区神田北乗物町16
℡:03-3258-7564
email jiyusha@jiyusha.co.jp
http://www.jiyusha.co.jp



スポンサーサイト

舞い上がりは内部被ばく10倍

運動会のシーズンです。
滑川町の学校で、組体操練習中、地面に顔をつけんばかりのことを子どもがさせらたという情報が入りました。

滑川の土壌にも放射性物質が確かにあることがわかっています。
子ども達は学校教育の中で行なわれていることには、基本、さからえないのです。
5年、10年後、責任持ってくれますか?

先生たちも一緒に勉強していきましょうよ!

教育長さん、校長先生、現場への徹底お願いします!

保護者の皆さん、声に出していきましょう。

-------------------------------

舞い上がりは内部被ばく10倍=放射性セシウム


直接吸入と比較-原子力機構解析

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011092000320

東京電力福島第1原発事故で、一度地面に降下し風で舞い上がるなどした放射性セシ
ウムを取り込んだ場合の内部被ばく量は、大気から直接吸入するのに比べて約10倍
多いとの解析結果を、日本原子力研究開発機構(茨城県東海村がまとめた。北九州
市で開催中の日本原子力学会で22日、発表される。

 同機構安全研究センターの木村仁宣研究員(放射線防護学)は「地面からの再浮遊
を防ぐための除染が重要となる」と指摘している。

 東電や文部科学省などの調査データを基に、福島県南相馬市の測定地点で、ヨウ素
131、セシウム134、137が空気から直接体内に入った場合(3月20日~5
月19日)と、地面に降下した分が再び浮遊して取り込まれた場合(4月3日~6月
4日)の内部被ばく量を算出した。

 その結果、セシウム134、137は直接吸入で0.0076~0.0099ミリ
シーベルトだったのに対し、再浮遊では0.077~0.09ミリシーベルトと約1
0倍に上った。一方、半減期の短いヨウ素131は直接吸入0.071ミリシーベル
ト、再浮遊0.045ミリシーベルトと大きな差はなかった。

 セシウム134の半減期は約2年、137は約30年で、再浮遊の影響が長く続く
とみられる。木村研究員は「放射性物質の種類によって、被ばく経路に大きな違いが
ある」としている。(2011/09/20-11:05)

絶対お薦め 市川定夫氏の講義

リンクしていたサイトが見られなくなっていました。(誰が消すのかなあ?)

あふれる情報の中で、「絶対みるべき」と思う基礎知識はそう多くはないと思います。

原発については、平井憲夫氏の遺言ともいうべきもの。(「原発がどういうものが知ってほしい」)

そして、放射能の内部被曝、人口放射能の生物濃縮については、ムラサキツユクサの研究で世界的に有名な遺伝学者である市川定夫氏のこの講義。

残してくれた先人に感謝の意を表し、一人でも多くの方と共有したいと思います。

「堅い」ですが、基礎は堅いほうが頑丈です。

科学的に、知的に判断をしたい人に「神経質」のレッテルを貼っている人はまだいますか?
「左翼」だ「右翼」だとイデオロギーの問題にすり替える人はまだいますか?

これから長期にわたって付きあっていく内部被曝問題を考えるために、一人ひとりが基礎知識を持つこと。

それ以外に明るい未来を築いていく方法は見つかりません。

58分11秒、時間を作ってください。

忙しい方は、3/4 だけでも。(15分間)

もし携帯でこれをご覧の方で見られない方がいらしたら連絡ください。

-------------------------------

放射能はいらない 1/4

放射能はいらない 2/4

放射能はいらない 3/4  ← これだけでも

放射能はいらない 4/4

過小評価され続けてきた被害

29分間、時間をとってこれをご覧になってください。

1959に締結された WHO と IAEA の協定。
それによって何が行なわれてきたか?

私たちの国も同じ構造の元にあります。

何を信じるか?
信じることができる媒体を個々で見つけなくては、正しい情報は入ってきません。

自分の頭で考えるために。

--------------------------------------------------------------------------------

TV:環境クローズアップ
チェルノブイリ:
百万人の犠牲者
チェルノブイリ25周年:研究書紹介
ジャネット・シェルマン博士他

チェルノブイリ100万人の犠牲者

高すぎる基準値

しかも主食ですよ!

お米もこの基準値

毎日食べるお米の基準値 500Bq/Kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。