みやこたなごのブログ(旧・滑川町~子どもを放射能から守る会~)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「放射能と食べもの汚染」 IN寄居町

昨年11月に滑川町にもお呼びした安田節子さんの講演会が、寄居でも行なわれます。
聞き逃した方、もう一度聞きたい方、是非。
マスコミでは報じないこと、世界の中の日本の事情、深く広くご存知です。

「放射能と食べもの汚染」

****
子どもの放射線の影響は大人の4倍といわれています。でも大人への影響はないの?私たちの生活で欠かす事のできない食。安田節子さんのわかりやすいお話で一緒に学びませんか?
****

日時;  3月25日(日) 12:30開場 13:00開演
会場;  寄居町 鉢形財産区会館(寄居町大字鉢形 211-3)
  *東武東上線 鉢形駅徒歩5分
  *駐車場が狭いため、載り合わせでお願いします。

資料代; 大人500円(18歳以下 無料)
保育; あります <要予約> 1歳~未就学児、お一人350円

<申込み・問合せ>    
    090-6068-5554(しまざき) amuemu@gmail.com
       (お名前、人数、連絡先、託児の必要な場合 人数と年齢)

【講師】安田節子さん
「わが子からはじまる食べものと放射能のはなし」著者
「食政策センタービジョン21」主催 
「日本有機農業研究会」理事
埼玉大学非常勤講師


主催;放射能から子どもを守る会@寄居・深谷
共催;生活クラブ生協寄居支部



放射能と食べもの汚染 IN寄居

スポンサーサイト

FRYING DUTCHMAN human Error

今年最後に。

「これ聞いて!」と幾人もの人から言われた曲です。涙・・・

新しい年も、人と人とが分断されることなく、困難な中を朗らかに生き抜くことができますように!
さて、お料理しなくっちゃ^_^;

FRYING DUTCHMAN Human Error

-------------------------------
人類ははるか昔本当の時を奪われたせいで五感が低下しテレパシーだとか想念の力とか
今とは想像を遥かに超えた別の次元のクリエイティブなテクノロジーを失ってしまったんだよ
いつの時代も毒を持った悪い奴らがいて、その能力を独占するために偽物の時間を作りだし
物質に頼る文明を発達させるために破壊という科学を生み出して
戸惑う人々に対して自分たちの身勝手な屁理屈を定義付けるために宗教を操りその裏でエネルギーを牛耳って 
経済というお金のシステムを構築してきた代わりに偉大な能力を失ってしまった
何千年もかけて遺伝子的に記憶障害が起こり
何度も何度も生まれ変わって完全にその能力を忘れてしまった俺たちは 記憶喪失なのだ。

四次元の科学や哲学の話しで、ファンタジーに興味のない人達には面倒くさがられるけど
まぁ、要するにお金を儲けるためにメディアを駆使し、人々をコントロールし、騙して、自然を破壊し
無責任に危ないものをいっぱい作ってきた奴らが
自然を愛し、自然をはぐくんで、自然と共に生活してきた人たちに
長年に渡ってものすごい苦痛を与えてきた事実が明らかになってくると
犠牲になってきた人たちの上に電気っていう暮らしがあるんだよ
そして、パンドラの箱の底を覗くと、
太陽光発電だとか、無限エネルギーだとか、自然を壊さなくても自然を利用した技術が発達してて
いまは原発がなくても十分電気が賄える時代なんだよ。しかも低コストで
今ある原発を全て止めても水力火力フル稼働をするだけで賄えるんだよ
それを隠して騙す理由はものすごい利権がからんでいるのさ

金だよ金

末期的に気が狂ってるよ こいつらは
原発一基造るのに1兆円程の援助金が国から電力会社に降りて
電力会社はターゲットを決めてその土地の人達に近づいて金をばらまくんだよ
おっさんをキャバクラに連れていって、お年寄りは温泉旅行

接待接待接待

「街が復興するよ」なんて子どもだましな嘘付いて
反対派推進派に人々の心をお金で引き裂いていくマニュアルがあって
海を売った漁師に莫大な漁業権を支払って
安全対策やら危ない秘密の実験やら
プロパガンダの広告費で莫大に掛かっているそのお金はみんなの税金だよ―
そうやって59基ある日本の原発は造られてきたんだよ

身体に50個以上の時限爆弾をつけて生活しているのと同じで
1個でも爆発したらそこにはもう人は住めなくなるし何にも生息できなくなって、
じわじわと汚染が広がっていく恐ろしいものが59個あるんだよ
いやなイメージだけど、
核の平和利用の名のもとに日本は核兵器を持ちたいが為にこれだけ強行して造ってきたんだよ

中国電力は山口県上関町の田ノ浦の美しい海岸を埋め立てて
これから日本最大級の原発を2基造ろうとしてて
その対岸に住む祝島の人達は30年も反対して「やめてくれ」って言って
生活ほっぽり出して必死に食い止めてきているんだよ

豊かな自然とともにみんなそこにずっと住んで生活してるんだぜ
歴史もあって広大な自然が残っている素晴らしいところなんだぜ
そんなの全部無視して強行しようとしているんだぜ
この期に及んで「福島原発とはうちは関係ありません」って言って毎日工事しているよ。

愚かだよねー

この前地震があった静岡の浜岡原発も「大丈夫」っていまだに止めてないし
なにが大丈夫
はぁ~?
お前の頭が大丈夫なのかよ
末期的に気が狂っているし、宗教よりもキツイ洗脳されているっていうか
自分たちで「安全」「安全」ってほざいてきた、その呪縛にかかっているよね

ほんとにバカッ!

でもそんなバカヤローに騙されてきた俺たちもバカヤローだし、完全に罠にはまっているよね
ツイッターやネットで原発の反対している人の上げ足を取るようなレス多いけど
そんな奴ほどうすっぺらで何にも実態を分かってないし情けなくなるぜ
そんな君たちも原発を推進するなら、応援するなら
広島長崎の原爆、第5福竜丸の被ばく、
1953年国連で核の平和利用のキャンペーンが始まり
その裏でソビエトとアメリカが冷戦下で核開発を競い合って
読売新聞、読売テレビの正力松太郎を介してアメリカから日本に原発計画がすすめられ
ウランが渡ってきたとこから日本に原発が誕生し今に至るまで知ってから話してくれよ

気持ちは変わると思うぜ

原発によって社会全体に影響している負の連鎖なんてみえてきたら

吐き気がしちゃうよーー
まともな心を持っていればね

テレビや新聞は騙すために使われているよ。特に日本はひどいよ
今もテレビの報道機関はひどすぎるね
プルトニウムの「プ」の字がやっと出てきたね
この世で一番危険な物質だよ
福島の3号機は関西電力の星野監督が出ているCMでもお馴染みのプルサーマルだよ
プルトニウムで発電している奴さ
星野さんも反省してるかな

あれが爆発してるんだぜ

なのに次の日の新聞の一面は「計画停電」プロパガンダだぜ
自分たちの悪事を隠すために一体どれだけの人を犠牲にするんだよ

ふざけんなバカヤロー

プルトニウムは放射線とは比べちゃいけないよ
この物質を少しでも吸い込んだら全ての細胞がやられちゃって
遺伝子もぶっ壊されて再生もできなくなるんだぜ
それが漏れているにもかかわらず長い間「プ」の字に触れない奴らの口癖は
「ただちに人体に影響はない」
「ただちに人体に影響はない」
「ただちに人体に影響はない」
今年の流行語大賞だぜまったく
一大殺人集団、組織犯罪だよ
原発に関してだけじゃなくてもしっかり情報が公開されていれば救えた命はもっとあったはずだよ
テレビ局イコール原発、このシステムがイカレてるぜ

人の命をなんやおもてるんのや!このアホンダラ ボケカス!


まーそうやって嘘付きまくって人々を騙してきたやつらが今は何をやっているかっていうと
国民の事よりも責任を逃れるために頭フル回転させて必死でいい訳を考えてるよ
それが奴らの仕事さ

おかしいよね 
ヒューマンエラーだぜ
もうバレバレだよ
全世界が見てるよ

今世界中がこの日本に襲ってきた痛みを日本人がどう乗り越えるか注目してるよ
日本の若者がどう行動するか
アーティストやミュージシャンがこの痛みをどうアートにして訴えて思いをこめて乗り越えるのか
世界中のみんなが見てるぜ


日本は一大事なんだよ !

あげ足の取り合いしている場合じゃねぇんだよ
もう寝てる場合じゃねぇんだよ
原発なんてもう時代遅れ

スウェーデンなんて「原発は破滅に向かっているから原発をやめますか?」って
「やめたら初めのうちは苦労しますけど」って国民に真実を話したら
国民は「やめよう」って言って、すでに原発なしでやっていこうとしてるぜ
日本もとっくに自然エネルギーだけでやっていけるだけの技術は持っているんだよ
それを騙して 脅して 隠してるだけ。お金のために。

早く気づいておくれよ
どうしてそんなに無関心でいられるのさ ベイビー

青森県六ヶ所村の核の再処理工場には
核の廃棄物用の3000トンのプールがあって核の廃棄物がそこに溢れてて
埋めきれないから廃液を海に捨ててるんだぜ

信じられないだろー

それをみんなに黙ってるんだぜ
隠してるんだぜ
その工場が爆発したら日本どころじゃなくて、地球が潰れる程の核がそこにはあるんだよ
原発に関してだけでも隠している事はたっぷりあるんだよ

まだ騙そうとしている現実がこの前の計画停電さ
あれは国民に原発がなかったら不便だとか困るだとかって植え付けて
原発をこれからも維持するためにわざとやっているんだよ
そんなことやったせいで死人まで出たんだぜ
そんなことしなくてもオール電化がはやっている位日本の電力はあり余っているんだよ

みんな、普通に考えてくれ
日本は温泉大国でそこいら中に温泉があるだろ
温泉掘って地熱発電もできるんだよ
フィンランドの人達は「何で日本は地熱発電しないんだ?」って首をかしげているよ
日本は島国だから潮の満ち引きを利用した無限エネルギーも有効で開発は進んでいるんだよ
送電線一つにしても今使っている電線は
発電所からそれぞれの家庭や施設やビルに届くまでにものすごい電気を垂れ流してるんだぜ
君の家に届くまでにものすごいロスがあるんだよ
今は電気がほとんど漏れない送電線がすでに日本にはあるんだよ

日本人の技術はすごいんだぜ

1兆円あったら太陽光どんだけ造れるんだよ
「なぜそうしないか?」って?

核兵器と金だよ

薄汚い金
ものすごい利権がからんでいるのさ
それにみんなタカっているの
日本の電力は独占企業でそれ自体が法律違反してるよ

みんな何のために税金払ってるんだよ

金金カネカネカネ
お金も大事だけどもっと大事なものあるよね
そこを忘れちゃあいけないよ

お金があっても
家は買えるけどホームは買えない
時計を買えても時間は買えないし
本を買えても知識は買えない
ベッドを買えても眠りは買えない
医者に診てもらう事は出来ても病は治らない
電気を買ったら自然が壊れちまったよ

何かしてあげたいけどお金しか出せなくてもやもやしている人はいっぱい居ると思う。
お金を出す事は善意でいい事だけど、
自分が出したお金がその出したところにどういうふうに使われて、
どう人の役に立つのかってところまで考えて義援金を出している人は少ないね
ただもやもやした気持ちをお金でスッキリさせているだけで無関心な人が多いね
その会社が儲かっているだけかもしれないよ
だから例えばライバル電力会社とか作って
京都でいうと京都中の屋根を太陽光にして
京都なんて100メートルも掘ればどこでも温泉出てくるし
一家にひと風呂なんて粋じゃない
それで地熱発電にして
地熱は弊害もあるしそこはみんなで考えてバランスとって
京都にはダムもあるし曇ったって大丈夫
雨なら今ある水力でこれ以上自然を壊さなくても電力供給できると思わない?
もちろんそれをするには資本がいるし、支援金を募集してそのお金を具体的にどう使って具現化していくか
プロセスもしっかり公開してみんなでやっていけたらいいよね
使い道がしっかり公表されて有意義ならお金を出す価値があると思うよ
義援金詐欺がある位だし、大企業だからって信用しちゃあいけないよ
大企業だからこそうまくごまかせるんだよ
こんなこと言いたくないけど

今の日本じゃ情けないけど信用できないね

原発は今まで俺たちの暮らしを支えてくれました
今まで実態を知らずにそれを許してきました
本気で原発を設計してきたその危険性を一番分かっている技術者の人も
俺達が遊んでいる間も高い給料もらって必死に設計してくれたんじゃないかな
100歩譲って原発に感謝しようっていう気持ちはあるんだけど
騙されてきたんだし
やっぱり感謝できないよね
そして後の何世代にもわたって禍根を残す汚れたものをこの国に無責任に造ってきた
電力会社
原子力安全保安員
官僚
政府
財界のお偉いさん
大企業
マスメディア
御用学者
そしてそれらに関係する奴らのお金という名の喜劇をこれ以上見るのは悲し過ぎますが
この確信犯達に目をそむけずに真実の目でしっかりと追及し
これからどこへ向かって行くべきなのか、真実を知ろうとする気持ちがあれば
クリエイティブなイメージが生まれ具体的な提案を示すことが出来るし
何千年かけて失ったものを、また何千年かけて取り戻せるきっかけにもなる筈だよ

とにかくもう、原発は必要ない

これ以上無関心で騙され続けたら破滅するぜ

電気が足りる足りないの問題じゃねぇんだよ

電気がなくても生きていけるけど自然がなかったら生きていけないだろ

取り返しのつかない事がもうすでに起こっているんだぜ

人間のエゴに巻き込まれた動物や植物たちにも迷惑どころの話しじゃねぇし

何が一番可哀想かって?  子どもが一番可哀想だろー!

俺たちの未来なんだぞ!守ってやんなくてどうすんだよ

50年100年200年後の世代に今のおれたちのこの時代をヒットラーと呼ばれてもおかしくないぜ

みんなが事実を裏に隠された真実を見れば
武器なんて物騒な物持たなくても一撃で世の中ひっくり返るんだよ―

どんなに遠回りしたって、何度生まれ変わったって、目指すところは一つだ

愛だろー!
愛だろー!愛

きれいごとでもねぃし、照れてる場合じゃねぇんだよ。

LOVEなんだよぅ

愛なんだよぅ

LOVEって言ってみろ
愛って言ってみろ

愛って言ってみろバッカヤロー

だからバカヤローって叫ぶんだ
バカヤローバカヤローバカヤローバッカヤロウバカヤロウバカヤロウー

さぁ立ち上がれ
声をあげろ

原発絶対反対
原発絶対反対
原発絶対反対
原発絶対反対

直ちに撤廃せよ



ちょっと待った!全国への瓦礫拡散

被災地の瓦礫を広く全国各地で受け入れて復興応援しましょう、という動きがあります。
埼玉県の上田知事も積極的に受け入れようという意見。

しかし、安全性が確保されない状況下、瓦礫受け入れに納得・賛成するわけにはいきません。

埼玉も汚染地。小川の焼却灰からも高い値の放射性物質が検出されています。
だからこそこれ以上の汚染をさせてはいけません。
処分場のある寄居町の方たちから悲痛な叫びが聞こえてきます。
滑川も他人ごとではありません。

まして汚染地域ではない西日本は受け入れるべきではないと考えます。

瓦礫受け入れ側の安全性の確保はどうしたら得られるのか?
被災地の子ども達のことはどう考えればよいのか?

ここのところいろいろな方の意見を聞き、情報を自分なりに集めています。

処理施設についているバグフィルターなるものは気化したセシウムにはまったく使えないとの専門家もいます。
一方で、被災地での高性能焼却施設建設の動きもあるそうです。
寄居町のある民間業者は、なんでもかんでも小石状にしてアスファルトの下に敷いてしまうので怖いと、ある市の市議さんから聞きました。

しかし、調べても調べても情報は断片しかわからない。
ジャーナリストもこの件に関しては積極的意見が少ないように感じます。

測定して安全なものだけ持ってくるといっても、「安全」とは何をさすのか?
「測定」とは、どういう方法なのか?

中立な専門家による調査で、確実なデータを示してほしい。
そもそも瓦礫処分自体、方法は拡散しかないのか?
議論しつくされていない感があります。
それらをするまで瓦礫移動反対です。

一度拡散してしまった放射性物質は、二度と元には戻らないことは周知のこと。
一度はじめたら、行政仕事は途中で「待った」がきかないのも(この原発行政で)周知のこと。

瓦礫拡散反対は被災地復興を妨げるとか、被災地の子どものことはどうでもいいのか、など、瓦礫受け入れ反対論に対するバッシングがあるようですが、それはとんでもないすり替えです。

被害者同士が反目しあう問題にしては思うツボ。

国難に国民が一致団結して向かえなどという戦時中のような精神論はいただけません。
もっと知的に、合理的に思考する必要があると思います。




















安心には遠い「新・食品基準値」

来春から食品の暫定基準値が変わります。
現在の 5分の1.
厳しくなったというけれど、これで安心ということではありません。
今までが高すぎたので勘違いしてしまいそうになりますが。
以下、安田節子さんから届いたメルマガです。
考える参考に。

-------------------------------

厚生労働省は、一般食品は現在の暫定基準値の5分の1に当たる、1キログラム
当たり100ベクレル、乳児用の食品と牛乳は50ベクレルなどとする方針を発表。
厚労省によると、世界保健機関(WHO)の基準を踏まえ、年間被曝許容上限1ミ
リシーベルトのうち0・1ミリシーベルトを「飲料水」に振り分け、1キロ当た
り10ベクレルと設定。その上で食品中の放射性セシウムによる年間被曝を残る
0・9ミリシーベルト以内に抑えられるよう、平均食品摂取量などを考慮し、
「一般食品」はセシウムで100ベクレルとした。「乳児用食品」と「牛乳」は
セシウムで50ベクレルとした。

5分の1になったから、よかったと思う向きが多いかもしれない。しかし、暫定
基準を正式の基準に改め、今後長く運用される基準としてみると、国民の内部
被ばくを許容する政府の姿勢が見て取れるのだ。

ICRPの勧告をもとに、日本では、法律で定めた公衆の年間被曝限度は外部被ば
く、内部被ばく合わせて1mSv(自然放射線被ばくと医療被曝を除く)となっている。

暫定基準値はこれを大幅に上げて設定された。内部被曝だけで17mSvを許容し、
これを4つの核種グループに割り振り、セシウムは5mSvとした。5つの食品ジャ
ンルに1mSvづつ割り当て導き出したのが500Bq/kgの基準だ。暫定基準は通常の
食品安全基準とは異なり、安全を担保するものではない。非常時のがまん値なのだ。

今回それを5分の1の100ベクレルに引き下げるというが、依然高すぎる。この
規制値で出回る食品を国民が今後ずっと食べ続けるなら、内部被ばくによって
計り知れない数の健康被害を生み続けるだろう。


放射線にはこれ以下なら安全という閾値は存在しない。閾値の定められない汚
染物は食品に残留してはならないのが食品衛生法の原則だ。
非常時の暫定から通常規制にもどすのだから、
国民の内部被ばくを防ぐ基準にならなければおかしい。

飲料水はWHO基準の10ベクレル採用というが、WHOは放射能関係の基準策定にお
いては、IAEAの了解を得なければならない協定が結ばれており、そのためWHO
の基準は推進の立場にたっていると批判されている。飲料水はアメリカの
0.111やドイツの0.5のように、コンマ以下でなければいけないだろう。
ドイツ放射線防護協会は内部被ばくは年間0.3ミリシーベルト以下としている。
そして、日本政府に対し、乳児、子ども、青少年に対しては4ベクレル/kg以上
のセシウム137を含む飲食物を与えないように、成人は8ベクレル/kg以上のセ
シウム137を含む飲食物を摂取しないことを推奨している。

日本の高い数値設定には希釈率0.5を採用していることがある。汚染された食
品だけを口にするわけではないとし、汚染されていない食品を食べることで汚
染が薄まる「希釈」を考慮しているのだ。この希釈政策を停止するよう、ドイ
ツ放射線防護協会は11月27日に緊急勧告を発している。
放射線防護においては、汚染されたものを汚染されていないものと混ぜて
希釈し通用させることを禁止する国際的合意がある。

日本の瓦礫処理食品基準はこれに接触すると指摘
チェルノブイリ以降、わかってきたのは幼いものたちがこれまで考えられてい
た以上に感受性が高く低い線量で影響を受けていることだ。

このことを考慮して乳児用食品は大人の半分の50ベクレルにしたと厚労省は説
明しているが、先の明治の粉ミルク「ステップ」で判明した30.8ベクレルく
らいの汚染があっても今後ずっと許容されることになる。ミルクは薄めて飲む
からというが、小さな体にそれだけを飲むのだし、体内被ばくは避けられない。
乳児用食品は限りなくゼロに近い基準であるべきだ。日本では汚染されていな
い原料の入手は可能なのだから。基準値が緩いと、汚染の低いものと混ぜるこ
とで基準を容易にクリアーできてしまう。厳しい基準ではそれが困難になる。
なによりも放射性物質について、

希釈すれば安全という誤った認識は払拭されなければならない。そして内部被
ばくを容認するような基準は改めさせねばなりません。


TEAM二本松の決意

明治粉ミルクの放射性物質混入を発見した二本松の方たちの決意。
読んでみてください。
これは二本松、福島だけの問題ではないです。
食品の汚染はこれからです。
-------------------------------
NPO法人 TEAM二本松 「市民放射能測定室」 「この度の明治ステップの件について」

この度の明治ステップの件について2011/12/07

この度、明治ステップの件をキッカケに当法人のホームページを御覧頂き、
ご入会して下さった方々、応援して下さる方々、
誠に有難うございます。本当に励みになります。

我々TEAM二本松のメンバーは、代表を含め測定員まで全員が、
ホットスポットである二本松市の市民であります。
3月11日以降、毎日が放射能と関わる日々です。

そもそも何故、故郷を捨てず、二本松に残る決意をしたのか。それは『年間被曝積算量を1ミリシーベルトに抑えることが出来れば安全である。そして、内部被曝さえゼロにすれば、年間被曝積算量1ミリシーベルトを目指せる』という確信を持てたからです。「年間100ミリシーベルトでも大丈夫」「年間20ミリシーベルトだ」「年間1ミリシーベルト以下だ」と、色々な有識者の方々が、色々な意見をおっしゃいます。『その中からどれを選ぶか』は、国民一人一人の自由でなければならないと思います。そして、我々は『年間1ミリシーベルト以下』を選んだのです。
ここ二本松市において、『年間1ミリシーベルト』を目指すには、『徹底的な除染活動で外部被曝を抑えること』に加え、『内部被曝ゼロ』が不可欠です。つまり、「暫定基準値500ベクレル/kg以下だから大丈夫」ではなく、「1ベクレル/kgであっても正確な数値の情報」が必要なのです。メーカーも、国も、市も、誰も教えてくれないのですから、自分たちで調べるしかありません。

我々にとっては『誰の責任か』などという情報は、今は要らないのです。『子どもに食べさせる日々の食品の正確な数値』を知りたいのです。『どこに汚染土壌を保管するかを話し合う』よりも、『今日・明日の、一日一日の子どもの外部被曝を減らす為にスコップを持つべき』です。

我々の活動・測定結果が、多くの方々のお役に立つのであれば、幸いです。
今後とも、ご支援、ご協力、ご声援、宜しくお願い致します。

生産者も販売者も消費者も、皆が被害者です。
当たり前に数値を公表してくれる世の中に、早くなってほしい...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。